行事

月例⾏事

年間⾏事

3月

  • 大涅槃図
大涅槃図 特別公開3月1日~3月31日

縦6.2メートル×横4.5メートルという巨大な涅槃図が本堂内陣との結界に吊るされます。3月15日の涅槃会に参拝すると、無病息災のご利益がある京菓子「花供曽(はなくそ)」が授与されます。

大涅槃図について

7月

  • 宝物虫払会
宝物虫払会7⽉25⽇

土用の虫干しを兼ねて、本堂で寺宝約200点を一般公開します。安倍晴明の五行之印による無病息災・長寿の加持や、暑気払いとして真如堂秘伝の枇杷湯による接待も行われます。

8月

  • 精霊送り灯ろう供養会
精霊送り灯籠供養会8⽉16⽇

お盆に迎えた精霊を再び冥府に返す五山の送り火。山麓の真如堂でも「大の字」に献灯が並べられ、本堂内で精霊送りの法要が執り行われます。

10月

  • 引聲阿弥陀経会
引聲阿弥陀経会10月14日~10月16日

慈覚大師円仁が唐の五台山で伝授された、天台声明の秘曲「引聲阿弥陀経(いんぜいあみだきょう)」を、独特の節を付けて唱えるお勤めです。現在は真如堂でのみ勤修されています。

11月

  • お十夜(十日十夜別事念仏会)(1)
  • お十夜(十日十夜別事念仏会)(2)
お十夜(十日十夜別事念仏会)11月5日~11月15日

お十夜(おじゅうや)は、「この世で十日十夜善いことをすれば、仏国土で千年善いことをするに勝る」という「無量寿経」の教えに基づき、阿弥陀如来の法恩に感謝する法要です。室町幕府第六代将軍・足利義教の執権職をしていた伊勢守貞経の弟、平貞国が真如堂で行った十日十夜の念仏行に由来しています。11月5日から毎夜、講員が鉦を打ち阿弥陀仏を念じます。また、この期間は、秘仏本尊・阿弥陀如来立像の御手に結ばれた糸・白い綱が本堂前の回向柱まで延ばされます。この綱に触れると、阿弥陀如来立像に直接触れたのと同じ御利益があるとされています。

結願法要11⽉15⽇
  • 稚児や僧衆によるお練り法要
  • 本尊・阿弥陀如来立像の御開帳
  • 中風よけの小豆粥接待
  • 観経曼荼羅 特別公開
観経曼荼羅 特別公開11月1日~12月8日

縦5メートル×横4.4メートルという巨大な観経曼荼羅が本堂内陣との結界に吊るされます。極楽浄土の情景が細やかな金色刺繍で描かれています。

観経曼荼羅について

2月

  • 節分会
節分会2月2日~2月3日

般若心経を2日間で365回唱えることで厄除けと無病息災を祈念する法要です。南天の枝を持った赤鬼の練り歩きや、薬湯「招福湯」の接待や立春大吉護符の授与を行います。